「ふくもくの家」の3つの強み



【こだわり 1】後悔しないための資金計画

「家づくりなんてしなければよかった…」

3年後、あなたがそう思わないようにするためにも必ずお読み下さい!

 

 

人生で一番高い買い物は家づくりではありません

 

あなたは、家づくりは人生で一番高い買い物だと思っていませんか?

もちろん、あなただけでなくほとんどの方がそう思っています。

 

しかし、本当は人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。

では、人生で一番高いものは何でしょうか…?

 

実はここを間違えた結果、家づくりで後悔をしている人がたくさんいます。

もちろん、これを知らないと将来のあなたも必ず後悔するでしょう…。

 

だからこそ、今、家づくりを検討しているのであれば、

どうしても知っておいて頂きたい事実があります。

 

それは、

人生で一番高い買い物は家づくりのために組むローンなのです。

 

「家づくり」と「家づくりのためのローン」。

これを間違えてしまっているがための後悔が後を絶ちません。

 

ここからが本題です。

 

例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金購入の方だけです。

ほぼ99%の人が、「住宅ローン」を組みます。

 

この「住宅ローン」ですが、組み方次第で3,000万の家が

5,000万になったり、6,000万になったり、

場合によってはそれ以上になる人も存在するのです。

 

つまりこの組み方を間違えることで、

将来の生活を苦しい物にしてしまう可能性があるのです。

 

例えば、3,000万円の住宅を金利3%(全期間固定)の35年ローンを組めば、

その返済総額は、48,491,100円になります。

 

仮に同じケースでも、金利がたった1%上昇しただけで、

その返済総額は55,789,440円になってしまいます。

 

この返済総額の差は、何と…

7,298,340円(約730万円)にもなってしまうのです。

 

これを踏まえれば、人生で一番高い買い物は「家」ではなく、

「住宅ローン」であることがご理解いただけると思います。

結論『家づくりは、何よりもまず「資金計画」から。』

 

家づくりで重要視すべきポイントは、

きちんとした資金計画を立てることです。

 

家づくりで後悔しないためにも、

“あなたに最適な住宅ローン”を組むことが重要です。

 

私たちふくもくの家では、「あなたに最も適した住宅ローン」を

見つけるためのお手伝いを無料で行っております。

 

家づくりで失敗したくないとお考えの方は、

お問い合わせ下さいませ。

 住宅ローンと一口に言っても、様々な種類があり、借り入れ先だけでも、住宅金融支援機構、財形住宅融資、都市銀行、地方銀行、ネットバンク、信用金庫、信用組合、JAなど枚挙にいとまがないほど。加えて、固定金利、変動金利、固定期間選択型など、多種多様な住宅ローン商品群。今全国には、4800種類以上の住宅ローンがあると言われています。この中から、それぞれのメリット・デメリットを見極め、あなたにとって最適な一種類を選ぶのは、専門の知識がなければ不可能だといっても過言ではありません。

 

 資金計画アドバイザープレミアの認定取得者なら、最適な住宅資金計画の立案が可能です。



【こだわり 2】自然素材のこだわり住宅

自然素材にこだわった住みやすい住宅づくりへの取り組み

 

毎日暮らす場所だからこそ、環境にはこだわりたいもの。

 

私たちは、その環境づくりに最も適している、

人が本来安らぎを感じることができる自然素材『木』にこだわった、

家づくりに力をいれています。 

 

毎日の暮らしの中に、木の香りや美しさが取り入れられることで、

家族のライフスタイルをより快適で豊かなものにすることができます。

 

もちろん、自然が生み出した天然素材『木』は、

機能的にも優れた点がたくさんあります。

 

・木は紫外線の呼吸率が高く、目に優しい

・木の床は適度な弾力性があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない

・木は肌触りが良く、断熱性が高い

・無垢の木は湿気の調節を行うので、結露しにくい

・木は殺菌効果、調湿効果があり、ダニ等の繁殖を抑える

・木は吸音作用がある

・木は鉄やコンクリートに比べて、耐久性・耐震性に優れている

 

などなど、木にはたくさんの優れた点があるのです。


日本古来の『木』による家づくりは失われつつあるのか

 

近年の家づくりは、石油化学製品のような新建材と呼ばれるものや

自然素材に似せたた材料による家が増えています。

 

また、木造住宅をつくることができる職人が減っていることも事実です。

他にもいろいろと理由はありますが、

これにより木造住宅は近年減少の傾向にあります。

 

でも、本来日本人は心地よいと感じる環境は、

木の香りや手触りが生み出す自然に囲まれた環境ではないでしょうか?

 

また、自然素材にこだわった家づくりは、

住環境をつくるだけでなく、地球環境への配慮にもつながります。

 

「木」は少ないエネルギーで加工することができ、

さらに、再生可能な素晴らしい特質を持っています。

 

木を大切に育てて使い、循環させていくことで、

森も健康に機能していくようになります。

 

木をふんだんに使った自然素材の家で暮らすことは、

家族の健康と地球環境を守っていくことにつながっているのです。 



【こだわり 3】家づくり後のお付き合い

快適に住むための充実したアフターメンテナンス

 

私たちふくもくの家は、家が完成し引き渡し後からが

第二のお付き合いの始まりと考えています。

 

なぜなら、「家」は完成したら終わりでなく、

暮らしの中で必ずお手入れをしながら住み継いでいくものだからです。

 

ですので、私たちふくもくの家では、

お客様との末永いお付き合いをしていくためにも、

多数のメンテナンスメニューを用意しています。

 

ふくもくの家では、竣工したあなたの家を必ず定期訪問しています。

 

定期訪問時には、必ず大工道具を持参していますので、

訪問したその場で建具等の微調整を行うことが可能です。

 

また、不具合を未然に防ぐためにも、

少しでも気になる箇所は点検時にお気軽にご相談ください。

 

定期的なメンテナンスを行っていくことで、

将来的な不具合を防いでいくことができるようになります。

 

また、新築のお客様には、お引渡しから

1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後(1年後以降は年に1度の点検)を

行っております。

 

さらに、2年、5年、10年の定期巡回は重点的に点検を行い、

建物を長期的に維持するための、計画的なメンテナンス方法を

お伝えさせて頂いております。

 

お引き渡し後のサポート

 

お引渡し

定期訪問:アフター点検(1ヵ月後)

定期訪問:アフター点検(3ヵ月後)

・住み心地や不具合の確認

・家のお手入れ方法のアドバイスを実施

定期訪問:アフター点検(6ヵ月後)

定期訪問:アフター点検(1年後)

・目に見える金物の増し締めや、外部木部のチェックを実施

・木製建具の動きや塗り壁の状況のチェックを実施

以後、1年毎の定期訪問による点検を実施

定期訪問:アフター点検(10年後)

・家全体の総点検を実施

・耐用年数に近づいている設備機器のチェックを実施

 ふくもくの家は、JIO 届出事業者証を取得しております。

 

 「住宅かし保険」は、住宅の購入や住宅の建設工事、リフォーム工事に際して、「重大な欠陥」から消費者を守るための保険です。

 

※「重大な欠陥」

 耐震性能に重要な「構造耐力上主要な部分」と、雨漏り等を起こさないための「雨水の浸入を防止する部分」の基本的な性能を満たさない状態をいいます。