■ 基本性能 ■

地盤改良

砕石パイル工法を採用しています。

この工法は、一般的に使われているセメントや杭を使わず小さく砕いた自然石だけを用いて行う地盤改良技術です。

そのため、地中に人工物を残さず、地球環境への環境負荷が少ないのが特徴です。

また、地中に人工物(埋設物)がないので、お施主様の土地の価値を下げることもありません。

基礎

ベタ基礎を採用しています。

建物の底板一面を鉄筋コンクリートで支える基礎(耐圧盤)を採用しています。

一般的に「布基礎」と呼ばれる、1階の壁の下だけに基礎を配置する形とは異なり、家の荷重を底板全体で受け止めて建物を支えるため、負荷が分散して安定性に優れることになります。

基礎断熱

基礎断熱を採用しています。

一般的によく採用されている床断熱は床下に冷気・熱気が溜まりやすいため湿気や冬の底冷えは防ぎ難いです。床下に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに板状の断熱材を施工し床下換気口を設けない工法です。

外からの湿気を取り込まず床下結露、木材腐朽の防止にも効果があります。


パネル工法

パネル工法を採用しています。

従来軸組工法は、設計自由度が高く耐久性に優れている反面、地震に弱いという特徴があります。

2×4は設計自由度が低くなる半面、耐久性・耐風性に優れているという特徴があります。

パネル工法はこの2つの長所を生かして、設計自由度が高く、地震にも強い、良いとこどりな家を建てることができます。

内装下地材

ホルムアルデヒド吸収分解性能を持った内装下地材を採用しています。

ふくもくの家で採用しているタイガーハイスクリーンボードは、普通の石膏ボードとは違い、シックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒドを吸収・分解・低減する性能を持っています。

エアコンや空気清浄機などと違い、ランニングコストがかからず、お部屋の空気環境をきれいに保ちます。

また、耐火・遮音・耐力といった優れた性能を持ち合わせています。

耐震等級

「耐震投球3」の家づくりを当たり前にしています。

地震が起きた時、家が衝撃に耐えたから良かったという事ではなく、災害後もほとんど問題なく日常生活にすぐ戻れる家であることが大切だと考えます。

家族がずっと暮らす場所に、末長い安全と安心を提供します。